背広の男性

アメリカ不動産投資をしよう|将来性のある経済力に期待大

収支が安定します

木のブロック

ローン条件になっています

賃貸不動産をサブリースすることが、アパートローンなどの借入の条件になっているケースが増加しています。賃貸不動産の建築や購入に関する資金を銀行などが融資する場合において、返済が履行されるためは安定した家賃収入が得られることが前提になります。入居率を確保するとともに賃料水準も維持しなければなりません。建物はリフォームをしても経年劣化は避けられませんので、入居者は新しい物件を好みます。築年数の古い物件の場合には賃料が安くなければ入居しません。サブリースでは、建物の所有者と不動産会社などが長期の契約を締結しますので、実際の入居率や賃料水準とは無関係に一定の賃料が得られることになります。そのため融資の返済も確実に行えるのです。

大手企業が保証します

サブリースをする不動産会社や建築会社は大手企業であることが前提になります。賃料の安定化のためにサブリースをするのですから、その相手が倒産したり賃料を支払えなくなったりしたのでは意味がありません。建物の所有者は長期間のサブリースに耐えられる信用のある相手を選定します。近年では、大手ゼネコンが建築を請け負うとともにサブリースの契約も締結するようなケースもあります。サブリースの場合の賃料は満室になった際の賃料を下回るのですから、その差額を放棄してでも安定を重視するに足りる信用力のある相手であることが不可欠です。一般的には上場会社やそれに準じる規模の会社にサブリースすることが多く、安心して任せることができます。