背広の男性

アメリカ不動産投資をしよう|将来性のある経済力に期待大

人生設計とアパート経営

スーツの男の人

アパート経営で副収入

人生の様々なステージで今後必要となるお金のことを考えるものです。副収入になったり、老後資金に蓄えるなど金銭面から生活を安定化させることのできるのが土地活用です。アパート経営はその代表的な方法ですし、好適地を所有しているのなら、関心がないはずはありません。かりにアパート経営を始めたとすると、新築当初はとても人気の物件なので間違いなく家賃収入が入ります。しかし築年数が経過したり、周辺環境が変化し出すと、空室リスクも想定しなくてはならなくなります。家賃収入を継続的に安定的に受けとることを考えるのなら、不動産管理会社と家賃保証の契約を交わすべきです。入居者が不在の期間も家賃保証を受けることで、家賃収入を安定化させることができます。

空室リスクを回避する

アパート経営を長期的に安定したものにするには、家賃保証は不可欠と言えます。空室が発生しても一定の賃量収入を受けとることができるので、収入の増減の影響を受けにくくてすみます。その間に不動産管理会社が入居者を探してくれるので、空室の心配がありません。ただ不動産管理会社で家賃保証を受けるということは、自らアパート経営に積極的に関わるよりも管理のために支払う費用のために収入が抑制されます。それでも経営の観点からは、アパート経営の課題を自ら解決しなくても安定した収入を受けとるだけでよくなるので、十分に副業としても成り立ちます。人生設計のなかでそのくらいの金額が必要かを考えながら、アパート経営を堅実にするようにしましょう。