背広の男性

アメリカ不動産投資をしよう|将来性のある経済力に期待大

サービスを知ろう

電卓とグラフ表

競争が始まっています

賃貸管理会社はどこも同じと考えている不動産投資家は少なくありません。入居者がいればそれでよく、賃貸管理サービスに気を使っているという投資家は意外と少ないです。しかし、ここが不動産投資の成功の秘訣でもあります。現在、不動産会社は賃貸管理にかなり力を入れてきています。なぜならば、安定収入となるからです。売買の仲介の場合、売買契約をした際に手数料が発生して収益は完結してしまいます。しかし、賃貸管理契約は契約期間中ずっと管理料を手にすることができます。最近では、中古ワンルームマンションを販売して、そのまま賃貸管理契約も獲得しようとしている不動産会社が多くなってきました。賃貸管理契約を取るために中古ワンルームマンションの価格を下げる不動産会社もあります。

チェックポイントを知ろう

各不動産会社が賃貸管理に力を入れることにより、不動産会社間の競争が起こり、サービスは充実してきています。中古ワンルームマンションや1棟アパートを保有する投資家が賃貸管理を任せる不動産会社を選ぶにあたってチェックする項目は3つあります。1つは入居率です。これは高いに超したことはありません。最低ラインとして95%以上の入居率を目安としましょう。2つ目は家賃保証です。家賃保証とは空室になった際に賃貸管理をしている不動産会社が保証してくれる家賃のことです。家賃全額なのか、家賃の一部なのか、保証期間はいつからいつまでなのか、といった点を確認しておきましょう。3つ目は賃借人に対するサービスです。トラブル時の24時間受付サービスを行っているところを選びましょう。